2011年03月16日

人は一時のことを一生忘れない

昨日、被災地で自店の灯油を
無料で人々に配ってるお店が報道されていました。

「灯油はあるけれど、汲み上げるポンプのガソリンが
いつまで持つか分からない。
今は従業員の車からガソリンを少しずつ抜いて補充しています。」と。

「こんな時だからこそ!」と責任者の方は
笑顔で仰ってました。


自分達だって被災されて大変な中なのに
こうやって沢山の人ために頑張ってる姿、心意気に
本当に心打たれました。



一方では、商品を高値で販売するお店などもあり・・・・

被災地の人たちは
この時のことを一生忘れないでしょうね。


こう言う時に、お店や経営者の真意が見えます。




先に書いたお店のように頑張ってる人達へ
義援金を届けたい。



TV局への義援金(私はTV局にはしませんが)は
取材にすら「これもお手伝いの1つなのです」とか言って
義援金を使ってるんじゃないかって思えてならない。



取材でどれだけ沢山のヘリや車を出してるの?
その燃料で物資の運搬が出来るようになり、餓死や衰弱死が防げるよ!
被災者の方達に「どんなお気持ちですか?」って
そんなの聞かなくたって解るでしょ!本当に腹立たしい。


YOUTUBEでリポーターの男性がカメラが回ってるのに気付かず
悪態をついているシーンがありました。
それ以降その局は絶対に見ないようにしてます。



国のTOPもこんなんだし・・・・
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110315-OYT1T00086.htm



非難しあってる時ではないけど
人災が多く起きてるように思えてならないのです。


posted by 霙 at 12:03| ◇many | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。