2011年03月19日

卒業式

2011年3月18日金曜日
三男の小学校卒業式でした。


IMGP1621.JPG
受付でもらった、息子からの手紙を読んで
早くも涙。


体育館はものすごーく寒かったです。
でも、被災地で避難生活を送ってる方達は
もっと寒く先の見えないまま生活している。
そう考えると、式の間だけの数時間で
「寒い〜」なんて言えません。
衰弱した体に極寒の避難所生活は
生き地獄ですよね。。。


式も黙祷から入りました。
黙祷なのに、なぜか反射的に光を降ろしてしまう。


式が終わって各教室に入り
息子と話したり、担任の先生のお話などを聞いたりで
もうダメ・・・泣くなって言われても無理!



息子が保育園年中の時に、元旦那の実家が倒産し
それまでの裕福な生活が一転
私も旦那も仕事仕事でろくに子供の話も聞いてあげられず
遊びにも連れて行けない、我慢ばかりさせてきました。
そのせいで、息子は今でもすごく私に気を使ったり
遠慮します。
欲しいものがあっても「いらない」と言ったり
値段を見て安いほうを選んだり・・・
おやつなど今でも必ず私に半分くれます。


そんな中で本当に立派に育ってくれました。



って書いてるだけで泣けて来る〜



家まで歩いて帰り、ファミレスで昼食
「デザート食べる?」と言っても
「かーちゃんが食べるなら僕も食べる」と。
私が食べないと「ならいらない」と言うので
一緒に注文しました。


泣き過ぎて、つけまが崩壊状態。
ファミレスで処分するはめに・・・・



それから中学校で必要な物を全部まとめて買出し。
「このために、ちゃんとお金は用意してあるから
遠慮せずに本当に自分の欲しいものを選べばいいからね。」と
念を押す。


途中のお店でカッチョいいパーカーを発見♪
「色違いで着る?(笑)」と言ったら
意外にも「うん♪」との返事が。
この歳で、親と色違いのパーカーを着てくれるって
なんだか嬉しい(´∀`*)


何件かまわり、全ての買い物が終わった時
息子がゲームコーナーで遊びたいと言うので
財布に入ってた小銭分だけならいいよ。とお金を渡す。
「かーちゃんは何やりたい?」
「かーちゃんはやらないよ。」
「じゃあ、やっぱりいい。」
「いいよ。その分、ひょうが遊べばいいよ。」
「じゃあ、かあちゃん(景品は)どれが欲しい?」
「え〜?欲しいのないから、自分の好きなのやりなよ〜」

けっきょく息子が選んだのは、景品に嵐グッズ他イロイロが入ってる
風船のゲーム。
そして、見事一発で嵐の下敷きを私の為にGETした息子。
私が喜ぶのが見たいんだろうね。
うん、お母さんは嬉しいよ^^

残りのお金でメダルを買って
1〜2時間くらい遊んでたかな?


すごく楽しかったって帰りに言ってくれたんで
良かった♪♪♪
私も楽しかった♪


実家に戻ると、息子が卒業式のときに学校からもらった
小さなショートケーキを「4等分にする」と持って来た。
「かあちゃんと、とおちゃんと、じいちゃんと、僕で食べるの」と。
昼にデザート食べたしお腹空いてないけど
息子の気持ちだもんね♪ありがたく頂きました。


「かーちゃんが卒業アルバムに写ってる♪」と
見せてもらってビックリ!!
万博の引率をした時に受け持った班(私と息子含む生徒5人)で写した
記念写真がバッチリ載ってる〜〜〜〜
本当に記念写真ですゎ。
嬉しいやら恥ずかしいやら複雑な気分(汗


制服等を買ったおみせでもらった
お菓子の詰め合わせの中から
帰りに、お菓子を2つお土産にくれました。


明日も旦那は休日出勤(夜勤)なので
夕方から今度は実家に泊まりに行ってきます。
泊まると息子が喜ぶんだよね。
可能な限り、息子との時間を大切にしたい!
今までやってあげられなかった分
出来る限りのことをしてあげたい。
切にそう思う。



卒業おめでとう!次は中学だね♪
今まで以上に大変だと思うけど
ちゃんと見守っているからね。負けないで。


posted by 霙 at 01:43| ◇Love | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。