2005年09月28日

死神の精度(伊坂幸太郎)


芸術の秋です

ってな訳でもありませんが
本を買ってみました。

 death.jpg
「ACCURACY OF DEATH(死神の精度)」

死神のイメージは黒いマントに大きな鎌が一般的な中
この話に出てくる死神は、その時の状況に適した人間の
姿になって仕事をします。

違う部署から死を宣告された人間を
1週間調査して死を与えるか生かすかを決めて報告するのが
調査隊(死神)の仕事。

半分ほど読みましたが
私としては結末を、もう少し書いて欲しいような、、、?
「あなたのご想像で」って事なんだろうけど
どうなったか気になるやんか〜!
でも面白いですよ(^^)一気に読んでしまいそうだ


posted by 霙 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇book  | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。